診療案内

Medical

NEWS

8/11(水) 休診のお知らせ

手術について

最適な手術をするために

当院では避妊去勢手術や歯石除去といった予防を目的とした手術はもちろん、腫瘍など比較的難易度の高い手術まで症例に合わせて様々な手術に対応しております。

また、ペットの安全と飼い主様に安心していただくために下記の対応を行っております。

  • 手術前の説明の徹底
  • 入念な術前検査
  • 入院管理に必要なペットの普段の様子をお聞きしています。
  • ご希望により、術前・術後にお電話をいたします。
  • 面会可能時間であれば、手術後早期にご面会いただけます。
    ※面会時間のご案内をお渡しします。
  • 同様に入院期間を通してご面会いただけます。
  • 退院間近になりましたら、退院後のアドバイスをさせていただきます。

以下において、代表的な手術・入院・退院の流れをご説明いたします。

手術・入院・退院の流れ

  • 手術が決まったら

  • 術前検査

    麻酔や手術が可能かどうかを調べます。それぞれの状況によって、必要な検査を実施します。
    内容によっては手術前にCT検査を実施します。

  • 説明

    身体検査と術前検査をもとに、麻酔・手術の内容や危険性についてご説明します。

  • 手術

    ご承諾を頂いた後、同意書に記名・捺印の上手術を行います。

術前検査について

身体検査

視診、触診、聴診など全体的な状態を把握します。

血液検査

麻酔をかける際に、そのリスク要因となる潜在的な臓器の異常、貧血、止血異常などを検出します。

レントゲン・超音波検査

基本的に胸部/腹部を確認します。
高齢の子では心臓の肥大などが検出されることがあります。

また、お腹の中の臓器の位置や大きさを知ることで、手術の手順や注意点を知ることも可能となります。状態によっては追加で超音波検査や造影検査をすることでより精度の高い手術へと繋げることもできます。

尿検査

糖尿病や腎臓の異常を知ることに役立ちます。

術後

  • 入院室

    手術した後や治療のためICUを備えた入院室。大型用もあります。

  • ウォータートレッドミル

    ウォータートレッドミル

    術後のリハビリに使用する水中歩行器です。ペットにとって大切な歩く力を取り戻します。